• HOME
  • ブログ
  • コンパニオン宴会旅行や慰安旅行の企画の仕方

コンパニオン宴会旅行や慰安旅行の企画の仕方

多くの会社や仲間内で宴会旅行や慰安旅行を企画される場合ありますが、その際に幹事になられる方は大変苦労しますね。
人数が多くなればなるほど、スケジュールをあわせたり、要望を聞くだけでも一苦労です。

今日はそんな方たちに上手に企画する方法をご紹介いたします。

スケジュール管理はツールを使え!

調整さんのキャプチャー画像

人数が多くなればなるほど大変さを増すのが、スケジュールの調整です。
誰かが都合が悪くなれば、また調整しなおしたり、連絡を取り直したりとかなりめんどくさいことになります。
それは何のツールも使わなければ、もっと時間が・・・。旅行を楽しむ前に苦労する羽目になります。

そこで紹介したいのが調整さんです。
簡単にスケジュール表を作成でき、だれても使いやすい設計となっているため、調整が非常に楽です。
これでわずらわしい調整も一気に楽になり、スケジュールもURLをLINEなどで送るだけなので簡単ですね。
送られたら各自が都合の良い日に○×を付けていくだけで終わるので幹事の人は見て、みんなが○がついているところに日を置くだけなのでかなりスケジュールは楽になります。

最大の目的を決めてしまう

メモで整理する

旅行の目的を決めておかないとややこしいことになります。
あれもこれもと追加するうちに予算がオーバーしてしまったり、条件が厳しくて該当する土地がないなんてこともあります。

それが何のための旅行なのかをしっかりと決めておくことが大事です。
コンパニオン宴会をするため!というのであれば、楽しくわいわいなのかエッチなことをしたいのかによっても目的地が決まってしまうように、主軸となる目的はしっかり決めないといけません。

その主軸で行いたい事を決めてからやりたい事をメモして、順々にその土地やその付近でできることを調査したり、代理店に依頼したりするのが良い企画を立案できるコツとなります。

最適な移動手段を決める

移動手段のイメージ画像

移動手段はプランによって良し悪しがあります。
大都会である東京・大阪・名古屋など鉄道が発達しているところで、車で行くなんて駐車料金も高く、渋滞につかまったり迷子になったりと大変な目にあうことが多いです。
しかも都会では色んな鉄道で使えるフリーパス券などもあるので、それを一つ買うだけで1日乗り放題で色んなところを楽しめることもできます。

逆に田舎の地域で鉄道を選択すると、一つ一つの距離が遠く交通機関も発達していないので、移動するにしても、そもそもの移動手段がなくタクシーでいったら高額の交通費が掛かるなんてこともあります。
そういった場合は貸し切りバスを利用したり、レンタカーなどを駆使しておくとかなり快適に旅行を進めることができます。

なので、どこに行くかで大きく移動手段は異なるので、行き先によってベストなチョイスをしてください。

遊びのネタがない!

レジャーのイメージ画像

全国には様々なレジャーや遊びが点在しておりますが、どこに何があるのかを把握するのは並大抵のことではないです。
そういう時はじゃらん遊びを使うとかなり便利です。

ここには全国のレジャーや遊び、体験など多種多様なものがあり、簡単に予約ができるので、予約したら後は行くだけなのでかなり便利です。
色んな情報サイトがある中で、生のクチコミがあるので判断もつきやすいしかなり便利なので企画する人は是非オススメしたいところです。

※旅館を予約する際は、コンパニオン専門の旅行代理店に依頼したほうが良いです。コンパニオンが入れない宿もあり、コンパニオンを手配しても入れない場合もあるので、専門の業者に任せたほうが問題は起きにくいです。

コンパニオンを専門に取り扱う旅行会社です お電話窓口 年中無休 9:00~23:00 050-5540-8388