コンパニオンについて

宴会時のコンパニオンについての説明を致します。

目次 閉じる
  1. コンパニオンとは?
  2. コンパニオンの種類について
  3. ホテルと旅館のコンパニオンについて
  4. チップは支払うべき?
  5. 地域によってコンパニオンの差はあるのか?
  6. コンパニオンは何人から頼めるの?
  7. コンパニオンは何対何が最適?

コンパニオンとは?

元々は英語でありCompanionの意味は仲間、連れ、付き添いなどであり、意味合い的には親しい関係になる人を指しております。
それぞれ使用する場面で日本では意味合いが違ってきます。分類としては以下の3つに分かれます。

宴会時の様子

宴会やパーティーの時のコンパニオン

皆さんがご存知の通り、女性の方が宴会場にて、お酒を注いだり会話をして接待をしてくれるサービスを提供してくれる方たちです。
最近では、お色気度が高いことコンパニオンもあることから通常のサービスのみをするコンパニオンをレセプタントやバンケットコンパニオンとも呼びます。
よりかしこまった席に用いられるのがレセプタント、それ以外はコンパニオンと呼ぶのが一般的になっております。

イベントコンパニオン

イベント、説明会、展示場

イベントコンパニオンと呼ばれており、コンパニオンとも使われております。
内容は展示会などでの説明や司会、来客の接待などが主なサービスであり、展示会などのサービスの認知度を高めたり、客寄せとして使用されるパターンが多い傾向にあります。
尚、東京ゲームショウのコンパニオンは近年では一部のマニアにはブームになっており、ゲームショウの時期になると各SNSのトレンドとして上がることもあります。
また色んなサイトでもニュースとして取り扱われるほどです。

ゲームのコントローラー

その他のコンパニオン

オンラインゲームなどで新規のプレイヤーに自立を支援するボランティアなプレイヤーを呼ぶことがあったり、共に冒険をしてくれるNPCなどにも付けられたりしており、近年では様々な部分で使用範囲が広がっております。

コンパニオンの種類について

色んなコンパニオンのイメージ画像

コンパニオンにはお色気度で呼び方が違うパターンと衣装によって呼び名が異なるパターンの2つがあります。
お色気度のコンパニオンは、ピンクコンパニオン(スーパーコンパニオン)、ソフトコンパニオン、ノーマルコンパニオンの大きく分けて3つの種類がございます。
後半になるにつれて、通常のコンパニオンのサービスになっております。

衣装によって呼び名が異なるパターンはランジェリー、シースルー、トップレス、コスチュームなど着ている衣装によって呼び名が分かる場合があり、基本的に露出度が高くなるとサービスもお色気度が高くなる傾向にありますが、旅館先や地域、派遣コンパニオンによってサービスのお色気度は異なってきます。

コンパニオンの種類について

ホテルと旅館のコンパニオンについて

ホテルの客室

ホテル

主にホテル内には個室等や中規模な宴会場を完備しているところは少なく、お部屋で行えても、ビジネスホテル等の安いホテルだとドアからのすき間で他のお客様に迷惑をかけてしまうなどがあり、基本的には宴会場を居酒屋や料亭で行い宿泊のみをホテルで行うパターンが多いです。
大人数であればホテルが完備している会場が使えたりすることもあります。またホテルは立地条件が良い場所が多く、駅から近くのホテルなどもあることから、出張先で利用されたり接待として利用される方が多い傾向にあります。

旅館の客室

旅館

宴会場を完備している旅館が多いので、個室での宴会が開催できます。1名~200名規模の宴会場が様々あるので旅館先によっても保持している宴会場には違いがあります。
また客室でも宴会ができるところもあり、ここは旅館によって様々ですが、客室に露天風呂も完備しているとこもあるので混浴を楽しみつつ宴会というリッチな夜遊びも可能です。
ホテルなどに比べると圧倒的に楽しめる幅があるのが旅館ですが、デメリットとしては温泉地に多く存在しているので、交通の便はやや悪い傾向にあります。

チップは支払うべき?

手渡しでチップ

賛否両論がありますが、それは来てくれるコンパニオンの女性によります。お金でなびく子はサービスをしてくれるかもしれないし、そうではない子はしてくれないかもしれないです。
延長などをすると喜ばれる場合もあるので、その時の女性の反応を見て、最適なほうをチョイスされるほうが良い対応の仕方だと思います。

地域によってコンパニオンの差はあるの?

地域のイメージ画像

地域性によっては少なからずあります。開放的な風土を持っている地域ではノリの良い女性が多いですし、おしとやかな地域もあれば、そうでもない地域もあります。
また沖縄や北海道の極端な例で上げますと、北海道は寒い地域なので色白な子が多く、沖縄だと日焼け美女や沖縄特有の顔というのもあります。
また方言もあり、感じるニュアンスも異なってきますので、お客様のニーズに合致した条件を満たす女性を地域で選ぶか、観光などをメインで選ぶかでも変わってきますので、明確な宴会のイメージを持つことが大事といえます。

コンパニオンは何人から頼めるの?

コンパニオンを電話で呼ぶ男

一般的には2名からの派遣が主になります。宿泊先、派遣先、派遣元によって様々でありますが、3つとも2名派遣からが基本となります。
ただ、一部の地域では1人でも対応可能となっているので、地域が限定される場合がございます。

コンパニオンは何対何が最適?

宴会の乾杯

これは価格によってになります。1対1だと価格も当然高騰します。
なので自分達の企画される旅行によって見合う価格帯にあった人数を呼ぶことになります。
後は大勢で楽しみたい方にはコンパニオン対お客様の比率では1対4や1対5などが最適だといえます。

コンパニオンを専門に取り扱う旅行会社です お電話窓口 年中無休 9:00~23:00 050-5540-8388